man4128_128即日融資可能なビジネスローンというのは、即日融資可能なカードローンと比較してかなり少ない状態です。これは「法人(会社)」に対する融資だからです。今回はビジネスローンの即日融資について解説します。

ビジネスローンとは

ビジネスローンというのは無担保・保証人なし(第三者保証人なし)で事業資金として利用できる法人向け無担保ローンのこと

を言います。

ビジネスローンは、事業者ローン、事業ローン、商工ローン、法人カードローン・・・など色々な名称がつけられています。

「ビジネスローンは法人版のカードローン」と理解するとわかりやすいかと思います。

ビジネスローンの現状

ビジネスローンは以前は銀行が、通常の銀行プロパー融資だと担保がない中小企業・零細企業に融資ができないということから、比較的高金利で無担保のローン商品を作ったことがはじまりです。

しかし、銀行はビジネスローンの無担保リスクを嫌がり、最近では商品を廃止したり、積極的にビジネスローンを販売することはなくなってきました。

一方、カードローンを中心に顧客を増やしてきた大手消費者金融ですが、銀行もカードローンサービスを提供する用になり、個人の顧客獲得はある程度リミットに近づいている上京です。

そこで、目をつけたのが法人版カードローンである「ビジネスローン」です。

大手消費者金融は子会社などを利用してビジネスローンを提供し始めたのです。

  • プロミス → 自社で自営者ローンを提供
  • アイフル → 子会社ビジネクストがビジネスローンを提供
  • オリックスクレジット → 自社でビジネスローンを提供

しています。

大手消費者金融の場合には、カードローンと同じ仕組みを利用して、中小企業にビジネスローンを提供できるので、参入しやすいという背景があったのです。

即日融資可能なビジネスローンは非常に少ない

ビジネスローンの中にも、即日融資が可能なビジネスローンも存在します。

しかし、現段階では即日融資が可能なビジネスローンは

オリックスクレジット

オリックスVIPローンカード BUSINESS

プロミス

自営者ローン自営者カードローン

ぐらいです。

プロミスの場合は法人はNGで、個人事業主のみ利用可能なビジネスローンですので、法人が利用できるビジネスローンとしては「オリックスVIPローンカード BUSINESS」一択になっている状況です。

即日融資可能なビジネスローンが少ない理由は?

法人の審査が必要なこと

です。

起業した会社が3年以内に倒産する確率は70%と言われています。

つまり、個人がカードローンでお金を借りて貸し倒れになるリスクよりも、何倍も法人がビジネスローンでお金を借りて貸し倒れになるリスクは大きいのです。

そのため、消費者金融も慎重な審査を行うのです。

法人の審査と同時に、連帯保証人となる法人経営者の個人の信用調査も行いますし、決算書の審査などある程度はスコアリングシステムで結果が出ると言っても、人為的な審査、上長の承認などのタイミングで慎重にならざるを得ないのです。

そのため、審査に1営業日使うとすると即日融資ができずに、「最短1営業日で融資」とか「2日程度で融資」という表現にならざるを得ないのです。

まとめ

ビジネスローン審査では個人向けのカードローンよりも貸し倒れになるリスクが大きい法人には慎重に審査をするため、即日融資が可能なビジネスローンは、1社、2社しかないのが現状です。

とはいっても、申込んだその日のうちに資金が必要という資金繰りに苦慮している経営者、個人事業主は少なくありません。

この場合は、数の少ない即日融資が可能なビジネスローンを選ぶことをおすすめします。

人気ランキング
1位
orixvip128_128
下限金利上限金利最大限度額毎月の最低返済額
6.00%17.80%500万円50万円借入時15,000円
50万円借入時金利100万円借入時金利200万円借入時金利300万円借入時金利400万円借入時金利500万円借入時金利1000万円借入時金利個人事業主の利用法人経営者の利用
8.00%~17.80%6.00%~14.90%6.00%~14.90%6.00%~14.90%6.00%~14.90%6.00%~14.90%-○ ※1年以上の事業歴
オリックスVIPローンカード BUSINESS 詳細はこちら